Interview社員紹介

新しいことにチャレンジできる環境で、
これまでにないものを作り上げていく

機械システム事業部 技術部
2013年入社

藤田 晃幸Akiyuki Fujita

藤田晃幸1

開発設計は、知識だけでなく
お客さまとの綿密な打合せや
コミュニケーションも大切

 現在、電気技術職として電気設計を担当しています。シーケンス制御のプログラムなどを行っていて、主にプリンタートナーなどの素材となる粉体の製造に使用されるミキサーを取り扱っています。
 粉体を混ぜ合わせるミキサーですが、粉体の種類はもとより温度などの条件変動に応じて動き方を変える必要があるなど、お客さま(受注先)のご要望により様々な調整が必要となります。また、当社のミキサーと他社の製品やソフトを連動させて新たなシステムを構築することもあり、お客さまや協力企業といかに綿密な打合せができるかが重要であると感じています。

  そのためにも電気やプログラムに関する知識だけでなく、打合せの時にお客さまのご要望をしっかり理解し、こちらから伝えるべきことを誤解なく伝えられるコミュニケーションの技術も大切だと思います。ひとつの製品が完成するまで数ヶ月、時には毎日のようにお客さまに電話をかけ、場合によっては出向いていくということも続きます。

これまでにないものを作るには
応用力も求められます

 ところで、私は大学の総合理工学部で電気関係や物理学などを学んだ後、新しいことにチャレンジできる社風などに魅力を感じ当社に入社しました。  入社後の研修や社内で用意されている業務マニュアルによって基礎的なことは理解できると思いますが、これまでにない製造装置などを作り上げていく仕事ですので応用力も求められます。そのため私自身、今でも先輩に質問することはよくあります。そのような時、私が心がけているのは、自分の意見をまとめてから先輩に質問すること。まずは自分でしっかり考えることで、先輩のアドバイスもより理解が進むと思っています。

藤田晃幸2
藤田晃幸3
 アラインテックサイトページトップへ