Interview社員紹介

誤解のないコミュニケーションを
通じて安全管理に努めています

プラント事業部 松山事業所
2017年入社

渡部 隼Shun Watanabe

渡部隼1

私自身が先頭に立って働ける仕事
であることに強く引かれました

 松山市の工業高校を卒業し、いったんは別の企業に就職しました。しかし、指示された内容をひたすらこなすという毎日に疑問を感じるようになり、そうしたときに目に飛び込んできたのが当社の求人でした。監督業務の募集で、それまでに身に付けた知識や経験を無駄することなく自分の力を活かせそうだと思い、なにより私自身が先頭に立って働けそうな仕事であることに強く引かれました。
 現在はプラント部門に所属し、みなさんも知っている大企業の製品を生産するための装置や機械のメンテナンス、修理、新設に関する業務を担当しています。工事の安全面などを考えるととても奥が深い仕事だと思いますし、工事が無事に終わったときの安堵感・達成感が喜びにつながっています。さらに、その後も私が見ていないところで機械が動き続けお客さまの企業活動に貢献できていると思うとこの仕事を選んで正解でした。

仕事の話だけでなく
プライベートについて
お互いに相談し合うこともある

 この仕事は多くの人との連携が欠かせません。現場では先輩や後輩、協力会社の技術者の方々などと作業を行います。みなさんとは普段から分け隔てなく接してもらっていて、一緒に外食に出かけたときには仕事の話だけでなくプライベートについてお互いに相談し合うこともあるほどです。とはいえ、いざ現場では意志の疎通に関して特段の注意を払うようにしています。言葉のニュアンスによっては伝える側の意図と受け取る側の理解にずれが生まれます。それが場合によっては人命にも関わってきます。だからこそ、安全のためには少しでも気がかりな部分は確実にその場その場で解決する必要があるのです。

渡部隼2

 入社して以来、基本的に先輩と一緒に仕事を行ってきましたが、初めて一人で出張に出かけたときはさすがに不安でした。それまで普通に進めていたような作業でも私一人しかいないと責任が重くのしかかってきますので、ひとつひとつの作業の意味を深く考えるきっかけになりました。
 知識を身に付け理論も理解はしていても、先輩のようにうまくできない作業もあります。特に経験に根ざした感覚が必要となる作業では足元にも及びません。これからも安全面には気をつけながら、積極的な姿勢は忘れずに経験を積みスキルを高めていきたいです。
 今は仕事に打ち込める環境だからなのでしょうが、休日も友人とスポーツで体を動かしたり映画を見たり思い切り羽を伸ばせています。みなさんも仕事に打ち込み休日も楽しめるように、ぜひ夢をイメージして、やりたい仕事を選択していただきたいと思います。

渡部隼3
 アラインテックサイトページトップへ