Interview社員紹介

一緒に働く方々への感謝を忘れずに。
コミュニケーションとメリハリを大切にしています。

プラント事業部 松山事業所
2017年入社

紺堂 巧唯takui kondo

紺堂1

監督業務を通じ沢山の人と関われることに魅力を感じています。

 私がアラインテックに入社したきっかけは、人をまとめ先頭に立って仕事をする監督業務に興味があり、この仕事をしてみたいと思ったからです。
 入社するまでは、監督業務というものが主にどんなことをしているのかあまり知りませんでした。実際に働いてみると、工事の見積もりの作成、工事現場の確認、業者さんの手配、機材準備、現場での指示、報告書の作成等と、想像していたよりも監督者としてしなければならない仕事が多いと知りました。
 私は高校時代、薬品を扱って実験などを行う工業化学科にいたのですが、その頃とは全く違う新しいことを一から学ぶことができています。また、様々な現場で多くの機器を見ることができ、お客様、作業員の方々など沢山の人と広く関われることにも魅力を感じています。

工事はみんなで助け合うことで
進んでいくと実感しています。

 監督業務では、私が現場で出した指示一つで大きな失敗や事故につながってしまうこともあるため、責任感を持って仕事をしています。周りの状況をよく確認し、物事に対する不安があれば一度止めて、大丈夫だと思える状況になってから工事を進めるようにしています。
 工事は一人で行うのではなく、作業員の方々の協力や社員同士の助け合いなどがあり、問題なくできているということを多くの現場で実感しています。そのためには、作業員の方々とコミュニケーションを取り、お互いの考えに齟齬がないようにしていくことが大切だと思っています。
 しかし、ずっと生真面目に仕事をしていてもしんどいと感じてしまうため、休憩中などは、仕事とは関係ない話をすることや、出張先で一緒に食事に行くなどプライベートでもコミュニケーションをとるようにしています。真面目にするときは真面目にするというメリハリのある仕事を大切にしています。

紺堂2

 工事期間は長期に渡るものがほとんどで、最初は先が見えないこともありますが、工事が進んでいき、分解していた機器を組み上げ、取付けし、試運転まで無事に終わった時には大きな達成感を味わえます。そして、工事が終わった後にお客様からお礼の言葉を頂けることもあり、そういった面でもやりがいや達成感を感じることができます。
 私が担当している工事でも作業員の方々のご協力、他の方々のご協力のおかげでいつも無事に終わっているので、これからも常に感謝の気持ちを忘れずに安全第一で頑張っていきたいと思います。

紺堂3
 アラインテックサイトページトップへ
 アラインテックサイトページトップへ